マーク・ウイリアムズ(Mark Williams)の動画集

ウェールズ出身。1975年生まれ。ランキングトーナメントは通算16勝(歴代5位)。1996年のWelsh Openでスティーブン・ヘンドリーを破り初優勝、同年のGrand Prixも優勝を飾っている。

1999年にはUK ChampionshipとWorld Championshipを制し、ランキング1位となった。2002年には、UK Championship、Masters、World Championshipのトリプルクラウンを達成。

同一シーズンでUK Championship、Masters、World Championshipを制しているのは、スティーブン・ヘンドリー、スティーブ・デービス、ジョン・ヒギンズと彼だけである。

2005年のWorld Championship 対ロバート・ミルキンス戦では、マキシマムブレイクを達成している。2006年のChina Openではジョン・ヒギンズを破り、2年ぶりのビッグトーナメント優勝を果たした。また同年のPot Black trophyにおいても決勝でジョン・ヒギンズを破って優勝している。

2009年はランキングトーナメントの初戦となるShanghai Mastersの直前に、自宅で手首を骨折するというアクシデントに見舞われたため、本来の調子を発揮できずに終わったが、2010年は初戦のChina Openで丁 俊輝を10-6で下して優勝し、幸先のいいスタートを切った。

UK Championship 2008 準々決勝 136ブレイク

  • 対アリ・カーター(Ali Carter)

World Championship 2005 マキシマムブレイク

  • 対ロバート・ミルキンス(Robert Milkins)

World Championship 2003 優勝を決めた第34フレーム

  • 対ケン・ダハティ(Ken Doherty)