27歳で夭折した貴公子 ポール・ハンター(Paul Hunter)の動画集

1996年、17歳で出場したWelsh Openで、スティーブン・ヘンドリー(優勝)と渡り合って、その名を世に知らしめた。1998年のWelsh Openで初優勝。

「スヌーカー界のベッカム」とも言われた甘いマスクも重なり、一躍脚光を浴びる。初出場となった1999年のWorld Championshipでは、緒戦で敗れるも、対戦相手がまたしてもヘンドリー(優勝)ということもあり、その実力は着実に評価され始める。

そして、2001年、2002年のMastersを連続優勝、同じく2002年にはWelsh Open、British Openも優勝と、一気にその才能を開花させた。2004年のWorld Championshipは親友のマシュー・スティーブンスに敗れるも、Mastersでは過去4年で3回目となる優勝を果たす。同年のランキングはキャリア最高の4位となった。

2005年の春、彼は「神経内分泌腫瘍(ガン)」を発症していることを発表、以後治療生活に入る。化学療法を受け、翌シーズンには闘病生活の中、再びトーナメントに戻ってくるも、実力を発揮できず、その年を治療に専念することとなった。しかし、病魔をとめるにはいたらず、2006年10月9日、28歳を目前にこの世を去った。

BBCで放送されたポール・ハンターの追悼番組より
2005年、がんを公表した直後に出場したトーナメントのオープニングシーンから始まり、ハンターの短すぎる一生を友人・ライバルの証言や当時の映像を交えて解説していきます。プレイヤーとしての技能はもちろん、その甘いルックスに気さくな性格と、スヌーカー界の次世代を担うにふさわしいスター性を持ったプレイヤーでした。
後半に化学療法(抗がん剤治療)を受けながら、トーナメントマッチに出場しているシーンが出てきます。副作用で頭髪が抜け落ち、疲労困憊の表情ですが、彼は何よりもこの舞台に立つことを望んでいたそうです。

プレミアリーグ2004 キャリア最高の146ブレイク
途中でブラックを諦めざるを得ず、マキシマムブレイクは惜しくも逃しましたが、「これはちょっと厳しいだろう」という山場が2度ほど訪れる見所のある動画です。これはYouTubeの動画ですが、ニコニコ動画には更なる高画質&解説入りの動画もあります。

  • 対マルコ・フー(Marco Fu)

ポールハンター無双
過去10年のスヌーカーの名場面を振り返るBBCの特別番組より2001年のMasters 決勝(対ファーガル・オブライエン)をピックアップ。オープニングから精彩を欠き2-6とリードを許したハンターですが、そこからセンチュリーブレイクを連発。オブライエンも負けじと応戦し、9−9で迎えたファイナルフレーム。映画のようなBGMも動画を盛り上げます。

Mastersのハイライト集 Vol.1

  • 2001年決勝 対ファーガル・オブライエン(Fergal O'Brien)
  • 2002年決勝 対マーク・ウィリアムズ(Mark Williams)

Mastersのハイライト集 Vol2
強敵ロニー・オサリバンとの決勝戦。2-6とリードされた後に驚異的な追い上げを見せ、9-9で迎えた最終フレームの動画です。妻が不安そうに見守る中でのプレイ。途中、ポール・ハンターにミスが出て、ロニー・オサリバンに勝利が転がり込むと思いきや、オサリバンも痛恨のミスショット。ハンターのマスターズタイトル獲得が決まりました。

  • 2004年決勝 対ロニー・オサリバン(Ronnie O’Sullivan)